MENU

継承者不足とお墓事情

2020年1月10日

先日、知り合いのお父様がお亡くなりになりました。

新たにお墓を作るという話になっていましたが、最終的に「樹木葬」にしたということでした。

こちらの記事にもあるように、継承者の有無でお墓の形を選ぶ際の重要なポイントなっていることがわかります。

実際、この知り合いも結婚はしているもののお子さんはいませんでした。

気を付けたいのは、樹木葬や散骨などにしたあとで「やはり一般的なお墓がよかった」ということにならないようにじっくりと検討しておく必要あるということです。可能であれば生前に自分の希望をご家族に伝えておくと残された方もよりよい選択ができるのではないでしょうか。

このようにお墓だけでなく葬儀の方法なども多様化している時代ですので、「終活」という言葉がよく聞かれるようになりました。

人生100年時代、よりよく生きるためにも家族のためにも身辺整理とお墓その他の問題について話合うということは大切なことですね。

 

樹木葬につきましてはこちらの記事にも掲載しています。

 

 

お墓のご相談はお気軽に須賀石材までお問合せください。

 

 

お問合せはこちら

この記事の関連記事

先日、福岡の土木工事業の社長が墓石の不法投棄で逮捕されたというニュースがありました。 背景には増加する墓じまいによって墓石の処分が問題になってきているということがあるようです。 このような問題は今後も増えるという指摘もあります。   墓をめ

亡くなった時にいただく戒名。本来は生前に授かるべきものだとされていますが、実際は亡くなってお寺に戒名料を納めていただくものと認識している方が多いのではないでしょうか。檀家制度が限界にきている現状、今時の戒名事情はどうなっているのでしょうか?  

緊急事態宣言は解除されたものの、再び感染が広がりつつある現状で今後もコロナを意識した生活は続くと思います。その中でのお葬式の形も少し変わりつつあるようです。Witnコロナでのお葬式について考えてみたいと思います。     喪主や参列者がコ


最新記事

アーカイブ

2020

対応エリア
お墓の悩み相談受付中
墓誌彫刻
霊園について
スタッフブログ

新着ブログ

石材店は墓石を建てるだけではありません。石材店はお墓づくりに関していろいろなサービスを提供しています。信頼できる石材店にお墓に関する悩みを相談してみてはいかがでしょうか。   石材店のサービス 石材店は単にお墓を建てるだけではありません。現代

盆やお彼岸でお墓をお参りした際にお墓に気になるところはありませんでしたか?お墓は長い年月雨風にさらされてどうしても劣化します。お墓のリフォームは状況に応じてさまざまなです。この機会にお墓のリフォームを考えてみませんか。

緊急事態宣言は解除されたものの、再び感染が広がりつつある現状で今後もコロナを意識した生活は続くと思います。その中でのお葬式の形も少し変わりつつあるようです。Witnコロナでのお葬式について考えてみたいと思います。     喪主や参列者がコ

会社情報

電話番号

093-293-1137

所在地

811-4321
福岡県遠賀郡遠賀町虫生津1746-1
(遠賀霊園入口)

JR鹿児島本線 遠賀川駅より車で約10分


© 2020 All rights reserved.