MENU

お墓に使われる御影石とは

2018年8月8日

お墓を建てる際に選ぶのが墓石。その墓石のほとんどが御影石だというのをご存知ですか?御影石がなぜお墓に使われるのか、石を選ぶ際に気を付けたいことはどんなことでしょうか?

 

御影石とは

御影石は花崗岩と呼ばれるもので、「御影」という名前の由来は御影石の産地兵庫県の御影町だということです。
御影石の特徴は、「硬いが加工しにくい」「磨くと光沢がでる」「雨風に強く耐久性がある」などが挙げられます。そのため永く受け継いでいくお墓に適しています。色は白・グレー・黒などがあります。
御影石は世界各地で産出されており、建築用の資材としても床や敷石、タイルなどで利用されています。墓石に使用されるもののほとんどが現在では輸入品となっています。
また、表面が鏡面のように美しく汚れが付きにくいのが特徴です。通常のお手入れは御影石専用の洗剤なども販売されているのでそちらを利用するといいでしょう。

 

御影石の選び方

御影石でもどれを選んだらよいのかわからない場合があると思います。色味に関しては好みがありますので悩むところですが、分からない場合はまず石材店に相談することが大切です。デザイン墓が多く建てられるようになり、色も黒いものが好まれることがありますが、種類によってはおすすめできないものもあります。例えば、中国で代表的な御影石の山西黒は黒御影石で値段もリーズナブルですが、品質にばらつきがあり、ものによっては経年劣化によって茶色くくすんできたりする場合があります。ですので、希望を石材店に伝えてアドバイスもらうのがいいでしょう。高価なものになりますので不明な点や要望はしっかりと伝えておくと後悔しないですみます。

 

お墓の新規建立や建て替えの際には

お墓の新規建立や建て替えをお考えの際はいろいろと決めなくてはならないことがあり、なかなか石のことまで頭に入らないかもしれません。しかし、お墓は代々受け継いでいくものですから石についても耐久性があり、劣化しにくいものを選ぶことが大事です。
須賀石材でもお客様にあった墓石をご提案させていただきますので、ぜひお気軽にお問合せ下さい。

 

 

.jpg

お問合せはこちら

この記事の関連記事

全国的に墓じまいが行われるようになってきていますが、福岡、九州のお墓の事情はどうなっているのでしょうか?都市部とそれ以外の地域では大きな差があるようですが、少子高齢化ということはどこの地区でも問題になっています。現状を把握し墓じまいについて考えてみ

お墓を移転をしようと決めたものの、実際いつ行ったらよいのかタイミングがわからないという方も多いのではないでしょうか?移転したいけれどそれに伴う手間や費用などを考えるとなかなか行動に移せない・・・という方も多いと思います。しかし、実際に移転を終えた方

お墓の移転にかかる費用では実際に作業を行う石材店などの業者には見積もりを出してもらい把握することはできますが、お布施についてはなかなか相場がわからないということがあります。お布施はだいたいどれくらいを考えておけばよいのでしょうか?   お墓の移


最新記事

アーカイブ

2019

対応エリア
お墓の悩み相談受付中
墓誌彫刻
霊園について
スタッフブログ

新着ブログ

先日、福岡の土木工事業の社長が墓石の不法投棄で逮捕されたというニュースがありました。 背景には増加する墓じまいによって墓石の処分が問題になってきているということがあるようです。 このような問題は今後も増えるという指摘もあります。   墓をめ

亡くなった時にいただく戒名。本来は生前に授かるべきものだとされていますが、実際は亡くなってお寺に戒名料を納めていただくものと認識している方が多いのではないでしょうか。檀家制度が限界にきている現状、今時の戒名事情はどうなっているのでしょうか?  

全国的に墓じまいが行われるようになってきていますが、福岡、九州のお墓の事情はどうなっているのでしょうか?都市部とそれ以外の地域では大きな差があるようですが、少子高齢化ということはどこの地区でも問題になっています。現状を把握し墓じまいについて考えてみ

会社情報

電話番号

093-293-1137

所在地

811-4321
福岡県遠賀郡遠賀町虫生津1746-1
(遠賀霊園入口)

JR鹿児島本線 遠賀川駅より車で約10分


© 2019 All rights reserved.