MENU

カードをかざせばお墓が出現

2018年5月30日

朝日新聞の2017年9月14日の記事ですが、納骨堂の新しい形が紹介されていました。

 

https://www.asahi.com/articles/ASK956D40K95PPTB00J.html

 

納骨堂の一室が3つに区切られ、右側の壁に液晶画面とカードの読み取り板があり、そこにカードをかざすとブースの正面の扉が開き、遺骨を納めた厨子が現れるという仕組みです。申込者の理由は「遠方で墓参りが難しい」「お墓を守る後継ぎがいない」といったものです。

 

納骨堂は年中無休で午前9時から午後8時まで空いており、仕事帰りにお参りする方も多いそうです。
「お墓の形より故人を思う気持ちが一番大切」と副住職は話しており、仮に家族が途絶えても境内の供養塔に合葬してお寺が永代供養してくれるそうです。

 

確かに立派なお墓があってもなかなかお参りにいけないよりもこのような形でも定期的にお参りできるというのは遺族にとってはいいのかもしれません。

いろいろな形の供養の仕方はこれからも増えていきそうです。

 

 

この記事の関連記事

2019年3月9日の日経新聞によると墓を整理する「墓じまい」する人が増えているということです。業者への墓じまい依頼の相談件数も急増しており、仏壇の引取りなどの依頼も増えているそうです。   お墓のしがらみ? 記事によると墓じまいを決断し、墓を

全国的に墓じまいが行われるようになってきていますが、福岡、九州のお墓の事情はどうなっているのでしょうか?都市部とそれ以外の地域では大きな差があるようですが、少子高齢化ということはどこの地区でも問題になっています。現状を把握し墓じまいについて考えてみ

家と一緒でお墓も一生に一度の買い物です。ここ数年で多様化している供養やお墓の種類などどう選べばよいか昔と比べて難しくなってきているのではないでしょうか。後悔しないお墓を選ぶポイントをご紹介します。   お墓・霊園・墓地の種類 お墓・霊園・墓地


最新記事

アーカイブ

2019

対応エリア
お墓の悩み相談受付中
墓誌彫刻
霊園について
スタッフブログ

新着ブログ

亡くなった時にいただく戒名。本来は生前に授かるべきものだとされていますが、実際は亡くなってお寺に戒名料を納めていただくものと認識している方が多いのではないでしょうか。檀家制度が限界にきている現状、今時の戒名事情はどうなっているのでしょうか?  

全国的に墓じまいが行われるようになってきていますが、福岡、九州のお墓の事情はどうなっているのでしょうか?都市部とそれ以外の地域では大きな差があるようですが、少子高齢化ということはどこの地区でも問題になっています。現状を把握し墓じまいについて考えてみ

2019年3月9日の日経新聞によると墓を整理する「墓じまい」する人が増えているということです。業者への墓じまい依頼の相談件数も急増しており、仏壇の引取りなどの依頼も増えているそうです。   お墓のしがらみ? 記事によると墓じまいを決断し、墓を

会社情報

電話番号

093-293-1137

所在地

811-4321
福岡県遠賀郡遠賀町虫生津1746-1
(遠賀霊園入口)

JR鹿児島本線 遠賀川駅より車で約10分


© 2019 All rights reserved.