MENU

カードをかざせばお墓が出現

2018年5月30日

朝日新聞の2017年9月14日の記事ですが、納骨堂の新しい形が紹介されていました。

 

https://www.asahi.com/articles/ASK956D40K95PPTB00J.html

 

納骨堂の一室が3つに区切られ、右側の壁に液晶画面とカードの読み取り板があり、そこにカードをかざすとブースの正面の扉が開き、遺骨を納めた厨子が現れるという仕組みです。申込者の理由は「遠方で墓参りが難しい」「お墓を守る後継ぎがいない」といったものです。

 

納骨堂は年中無休で午前9時から午後8時まで空いており、仕事帰りにお参りする方も多いそうです。
「お墓の形より故人を思う気持ちが一番大切」と副住職は話しており、仮に家族が途絶えても境内の供養塔に合葬してお寺が永代供養してくれるそうです。

 

確かに立派なお墓があってもなかなかお参りにいけないよりもこのような形でも定期的にお参りできるというのは遺族にとってはいいのかもしれません。

いろいろな形の供養の仕方はこれからも増えていきそうです。

 

 

この記事の関連記事

2019年3月9日の日経新聞によると墓を整理する「墓じまい」する人が増えているということです。業者への墓じまい依頼の相談件数も急増しており、仏壇の引取りなどの依頼も増えているそうです。   お墓のしがらみ? 記事によると墓じまいを決断し、墓を

12月になり大掃除の季節ですが、今年はお墓のお掃除もしてみませんか? お墓のお掃除の時期にきまりはありませんが、年末の忙しい時期よりも余裕のある時にやっておくと良いかもしれません。   まずはお墓の周りのごみや草を拾い、枯れた花や線香の燃えカ

今回は、実際に墓じまいを行った方の体験談記事から、墓じまいについてのポイントを考えてみました。   2017年9月21日 NEWSポストセブンの記事「墓じまい 体験談」からは、70歳の女性が実際に墓じまいを行った際にさまざまな思いが伝わってきま


最新記事

アーカイブ

2018

対応エリア
お墓の悩み相談受付中
墓誌彫刻
霊園について
スタッフブログ

新着ブログ

2019年3月9日の日経新聞によると墓を整理する「墓じまい」する人が増えているということです。業者への墓じまい依頼の相談件数も急増しており、仏壇の引取りなどの依頼も増えているそうです。   お墓のしがらみ? 記事によると墓じまいを決断し、墓を

渋滞解消や事故防止のための整備として福岡方面の国道3号線の今古賀立体交差点工事が終了しました。 北九州方面からお越しの方は3号線を使ってよりスムーズに須賀石材までおいでいただけるようになりました。 詳しくはアクセスをご覧ください。   アク

少子高齢化や結婚をしなかったため子どもがいないため跡継ぎがいないなどというケースが増えてきつつある現代、お墓についての考え方も変わってきています。先祖代々のお墓を守っていく子孫がいない場合は共同墓地を利用するという方も増えてきているようです。  

会社情報

電話番号

093-293-1137

所在地

811-4321
福岡県遠賀郡遠賀町虫生津1746-1
(遠賀霊園入口)

JR鹿児島本線 遠賀川駅より車で約10分


© 2019 All rights reserved.