MENU

エンディングノートとお墓

2018年6月11日

最近耳にする「終活」とともに「エンディングノート」についても話題になることが多くなりました。そもそもエンディングノートの内容としてお墓に関することも項目に挙げられます。エンディングノートとお墓について考えてみたいと思います。

 

エンディングノートとは

エンディングノートは終活の一環として考えられ、人生の最期を迎えるにあたって残された家族などに自分の希望を伝えるためのノートです。

エンディングノートは遺言状のように法的な効力はありませんが、残された家族が故人の意思を知ることができるので葬儀やその他の手続きであまり迷うことがなくなるかもしれません。もし、ご自分の最期について希望などがある場合は書いておくことをおすすめします。
具体的には、葬儀の希望(規模や形式、どんな曲を流してほしいかなど)、友人や知人の連絡先、埋葬方法の希望などになります。

その他にも家族へのメッセージやこれまでの人生の思い出などを書いておくのもいかもしれません。
エンディングノートは文房具店や書店で販売されていますし、パソコンで書式をダウンロードして作成することも可能です。

もちろん書式にこだわらずに普通のノートに記入してオリジナルのエンディングノート作ってもいいでしょう。

そのかわりエンディングノートの存在が残された方にわかるようにしておくことが大切です。

 

 ba9b6e7e49f4880ec9677977ea4ef58c_s.jpg

 

エンディングノートとお墓

エンディングノートと遺言状との違いはなんでしょうか。

遺言状は自分の財産の相続について書き記しておくもので法的な効力がありますが、エンディングノートは法的には何も効力がないということです。

したがって形式、内容も自由に書くことができます。そのためエンディングノートは気軽に書き始めることができると思います。

これまでの人生をふりかえりながらエンディングノートを書くことでこれからの人生をどう生きたいかということを考える機会になるかもしれません。

また過去と今後の人生の整理をすることでご自分もすっきり安心して暮らすことができるようになるのではないでしょうか。

 

お墓についてわからないことがあったら

もしエンディングノートを書いていくうちにお墓や埋葬方法などでわからないことや不安なことがあったらお気軽に須賀石材までお問合せ下さい。どんな小さなことでも気軽にご相談ください。

 

お問合せはこちら

この記事の関連記事

終活ブームの影響もあってか生前にお墓を建てる(生前墓)方が多くなってきているそうです。その理由はさまざまで残った人達に迷惑をかけたくない、自分の好きな場所で眠りたい、自分らしいお墓で眠りたいなどが挙げられています。生前にお墓を建てることについて考え

ここ数日、オウム真理教の松本元死刑囚の遺骨について、松本元死刑囚の四女が粉上にして太平洋にまく意向を示し、国に支援を求めているというニュースが報道されています。散骨とはどういうものか考えてみたいと思います。   散骨とは 散骨とは遺骨を細かく

墓じまいをしようと思っても、実際に行うとなると手続きが必要だったり、お寺や親せきなどとのトラブル、流れがわからないなど不安なことが多いのではないでしょうか。やはり信用のある業者に相談してまかせるのが、墓じまいにおいては一番良いでしょう。しかし、どの


最新記事

アーカイブ

2019

対応エリア
お墓の悩み相談受付中
墓誌彫刻
霊園について
スタッフブログ

新着ブログ

先日、福岡の土木工事業の社長が墓石の不法投棄で逮捕されたというニュースがありました。 背景には増加する墓じまいによって墓石の処分が問題になってきているということがあるようです。 このような問題は今後も増えるという指摘もあります。   墓をめ

亡くなった時にいただく戒名。本来は生前に授かるべきものだとされていますが、実際は亡くなってお寺に戒名料を納めていただくものと認識している方が多いのではないでしょうか。檀家制度が限界にきている現状、今時の戒名事情はどうなっているのでしょうか?  

全国的に墓じまいが行われるようになってきていますが、福岡、九州のお墓の事情はどうなっているのでしょうか?都市部とそれ以外の地域では大きな差があるようですが、少子高齢化ということはどこの地区でも問題になっています。現状を把握し墓じまいについて考えてみ

会社情報

電話番号

093-293-1137

所在地

811-4321
福岡県遠賀郡遠賀町虫生津1746-1
(遠賀霊園入口)

JR鹿児島本線 遠賀川駅より車で約10分


© 2019 All rights reserved.