MENU

福岡の墓じまい

2019年4月24日

全国的に墓じまいが行われるようになってきていますが、福岡、九州のお墓の事情はどうなっているのでしょうか?都市部とそれ以外の地域では大きな差があるようですが、少子高齢化ということはどこの地区でも問題になっています。現状を把握し墓じまいについて考えてみませんか。

 

福岡、九州のお墓事情

2018年11月28日の西日本新聞によると、九州の公営墓地では管理をする人がいない荒れた「無縁墓」が増えており、その数が半数を超える自治体もあるということです。墓地埋葬法により自治体による改葬と整地は認められていますが「墓」という点や、費用の面でなかなか対応がしにくい状況となっているそうです。進む少子化やお墓に対する意識の変化で引き継ぐ人を必要としない合葬墓ができてきており、福岡市は2020年度に整備を予定しています。具体的には福岡市立平尾霊園(福岡市南区)に多くの遺骨を納める合葬墓を整備する予定です。
このような公営の合葬墓は東京都、横浜、大阪などですでに作られており、いずれも生前予約が殺到し、抽選になったところもあるようです。背景には「墓の無縁化」を心配している人が増加していることが考えられます。
もちろん、このような合葬墓は民間でも増えてきています。

 

福岡で墓じまいをお考えなら

実際、墓じまいを考えて都市部のお墓に改葬しようと考えても、費用や手間の面からなかなか行動できないということがあるのではないでしょうか。しかし、最近では民間でも維持・管理が比較的楽な形での供養の方法(樹木葬や散骨、納骨型)が提案されていますので、ご自分のスタイルにあったお墓を選び、墓じまいをするのも今後は必要になるかもしれません。
現在は遠方に住んでおりなかなかお墓のことに手が掛けられないお考えの方も多いとは思いますが、今はいろいろな手段でやりとりができますのでなるべく余裕があるうちにお墓のことを考えてみることをおすすめします。
須賀石材では遠方からのご相談もスムーズにやりとりしておりますのでまずはお気軽にご相談ください。

 

inaka.jpg

お問合せはこちら

この記事の関連記事

  ご家族がお亡くなりになってからお墓に名前(戒名)を彫るタイミングはいつ頃なのかご存知でしょうか? すでにお墓がある場合、お墓に名前を彫る(墓誌彫刻)ことを意外に意識していないかもしれません。   お墓に名前(戒名)を彫る時期について

先日、福岡の土木工事業の社長が墓石の不法投棄で逮捕されたというニュースがありました。 背景には増加する墓じまいによって墓石の処分が問題になってきているということがあるようです。 このような問題は今後も増えるという指摘もあります。   墓をめ

終活ブームの影響もあってか生前にお墓を建てる(生前墓)方が多くなってきているそうです。その理由はさまざまで残った人達に迷惑をかけたくない、自分の好きな場所で眠りたい、自分らしいお墓で眠りたいなどが挙げられています。生前にお墓を建てることについて考え


最新記事

アーカイブ

2019

対応エリア
お墓の悩み相談受付中
墓誌彫刻
霊園について
スタッフブログ

新着ブログ

先日、福岡の土木工事業の社長が墓石の不法投棄で逮捕されたというニュースがありました。 背景には増加する墓じまいによって墓石の処分が問題になってきているということがあるようです。 このような問題は今後も増えるという指摘もあります。   墓をめ

亡くなった時にいただく戒名。本来は生前に授かるべきものだとされていますが、実際は亡くなってお寺に戒名料を納めていただくものと認識している方が多いのではないでしょうか。檀家制度が限界にきている現状、今時の戒名事情はどうなっているのでしょうか?  

2019年3月9日の日経新聞によると墓を整理する「墓じまい」する人が増えているということです。業者への墓じまい依頼の相談件数も急増しており、仏壇の引取りなどの依頼も増えているそうです。   お墓のしがらみ? 記事によると墓じまいを決断し、墓を

会社情報

電話番号

093-293-1137

所在地

811-4321
福岡県遠賀郡遠賀町虫生津1746-1
(遠賀霊園入口)

JR鹿児島本線 遠賀川駅より車で約10分


© 2019 All rights reserved.