MENU

墓じまいの体験談から

2017年11月15日

今回は、実際に墓じまいを行った方の体験談記事から、墓じまいについてのポイントを考えてみました。

 

2017年9月21日 NEWSポストセブンの記事「墓じまい 体験談」からは、70歳の女性が実際に墓じまいを行った際にさまざまな思いが伝わってきます。

記事はこちら

 

ポイント1:年齢が上がるにつれて大きくなる墓参りへの不安。

この女性は家から電車で2時間かかかる夫へのお墓参りに通い続けることの不安が常に心に引っかかていた。

 

ポイント2:親族トラブル。

夫の兄弟は皆亡くなっていたものの、やはり親族への相談は大事だと考えきちんと話をしたのでトラブルもなく墓じまいができた。

 

ポイント3:寺への申し出。

この女性が一番気になっていたことがお寺とのやりとり。高い離檀料を払わないといけないかもしれないという不安。

しかし、丁寧にお墓の維持の難しさについて住職と話し合うことで離檀料を払わずにすんだ。

 

ポイント4:行政上の手続き

普段は縁のない書類の提出にとまどったものの石材店のサポートにより無事に完了。

 

ポイント5:墓じまいを終えて。

胸に抱えていた不安がすっと消えた。

 

記事からもわかるように、墓じまいは実際にいろいろと大変な面があるけれど、ずっと不安を抱えているよりも行動を起こすことでこの女性のようにすっきりできることができます。大切なのは自分一人で全部やろうとするのではなく、周りのサポートをうけながら作業をすすめることで負担が少なくなります。

須賀石材でもこの記事の石材店のようにお客様のご要望にお応えできるようにサポートをしてまいりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

 

継承者の不在、墓の管理・墓参りの負担、など気になることがございましたらお早めにご相談ください。


image11.jpg

お問合せはこちら

この記事の関連記事

お墓の移転にかかる費用では実際に作業を行う石材店などの業者には見積もりを出してもらい把握することはできますが、お布施についてはなかなか相場がわからないということがあります。お布施はだいたいどれくらいを考えておけばよいのでしょうか?   お墓の移

朝日新聞の2017年9月14日の記事ですが、納骨堂の新しい形が紹介されていました。   https://www.asahi.com/articles/ASK956D40K95PPTB00J.html   納骨堂の一室が3つに区切られ、右側の

以前の記事でも紹介しましたが、女性専用の墓を望む方が増えてきているようです。   就活とお墓   夫とは別のお墓がいい 家族の形が多様化した現在では、お墓のタイプも昔からのお墓ではなく、納骨堂や樹木荘、散骨などといったも一般的になってきま


最新記事

アーカイブ

2018

対応エリア
お墓の悩み相談受付中
墓誌彫刻
霊園について
スタッフブログ

新着ブログ

2019年3月9日の日経新聞によると墓を整理する「墓じまい」する人が増えているということです。業者への墓じまい依頼の相談件数も急増しており、仏壇の引取りなどの依頼も増えているそうです。   お墓のしがらみ? 記事によると墓じまいを決断し、墓を

渋滞解消や事故防止のための整備として福岡方面の国道3号線の今古賀立体交差点工事が終了しました。 北九州方面からお越しの方は3号線を使ってよりスムーズに須賀石材までおいでいただけるようになりました。 詳しくはアクセスをご覧ください。   アク

少子高齢化や結婚をしなかったため子どもがいないため跡継ぎがいないなどというケースが増えてきつつある現代、お墓についての考え方も変わってきています。先祖代々のお墓を守っていく子孫がいない場合は共同墓地を利用するという方も増えてきているようです。  

会社情報

電話番号

093-293-1137

所在地

811-4321
福岡県遠賀郡遠賀町虫生津1746-1
(遠賀霊園入口)

JR鹿児島本線 遠賀川駅より車で約10分


© 2019 All rights reserved.