MENU

女性専用墓

2018年1月24日

以前の記事でも紹介しましたが、女性専用の墓を望む方が増えてきているようです。

 

就活とお墓

 

夫とは別のお墓がいい

家族の形が多様化した現在では、お墓のタイプも昔からのお墓ではなく、納骨堂や樹木荘、散骨などといったも一般的になってきました。また、夫の家系のお墓に入らなければならないという考えも変わりつつあるようです。

さらに夫とは別のお墓に入りたいという方も増えているようです。最近では「死後離婚」という言葉もあるように旦那さんが亡くなってから婚姻関係終了の届けを提出する人が増加すると予測されているそうです。

 

結婚していない女性のお墓

結婚していない女性は、実家のお墓をみていたにもかかわらず結婚していないということで実家のお墓に入れないという事例もあるようです。

お墓に入ったあとの永代供養も望む方も多く女性専用のお墓では管理費などでも負担がないようなお墓が多いようです。

 

女性同士でお墓に入りたい

最近では同性のパートナー同士の存在もオープンになってきました。同性のパートナー同士で同じお墓に入りたいという場合、戸籍上は一緒ではないので同じお墓には入りにくいのが現状です。女性専用のお墓では同じところに眠りたいという要望にもこたえられるのではないでしょうか?

 

自分らしいお墓を

お墓選びが多様化しているのは、終活という言葉もあるように自分の死を見つめる機会が増える世の中で、最期も自分らしいお墓に入りたいという願いが増えているということが背景にあるようです。選択肢が増えている現在ではじっくりと考えて自分らしいをお墓を選んでみてはいかがでしょうか?

 

須賀石材が管理しておりますかまさと霊園でも女性専用墓 永久の郷ができました。女性の方だけが利用する事ができる合祠形式の樹木葬です。

詳しくはこちらをご覧ください。↓

 

女性専用墓 永久の郷

この記事の関連記事

終活ブームの影響もあってか生前にお墓を建てる(生前墓)方が多くなってきているそうです。その理由はさまざまで残った人達に迷惑をかけたくない、自分の好きな場所で眠りたい、自分らしいお墓で眠りたいなどが挙げられています。生前にお墓を建てることについて考え

墓じまいをしようと思っても、実際に行うとなると手続きが必要だったり、お寺や親せきなどとのトラブル、流れがわからないなど不安なことが多いのではないでしょうか。やはり信用のある業者に相談してまかせるのが、墓じまいにおいては一番良いでしょう。しかし、どの

昨日の(2018年4月17日)神奈川県横須賀市が自分が入る墓の住所地を生前に登録する事業を始めるというニュースがありました。神奈川市民の「就活」を支援するためのものだそうです。 これは「お墓の住民票」ともいえる取り組みだそうで全国初ということです


最新記事

アーカイブ

2019

対応エリア
お墓の悩み相談受付中
墓誌彫刻
霊園について
スタッフブログ

新着ブログ

日本気象協会は2019年のお盆期間の天候についての情報を発表しました。8月10日ごろから8月18日ごろは、全国的に平年並みの気温で、西日本を中心に猛暑日が続出する予報となっています。お墓参りにも熱中症には注意が必要です。また、2019年のお盆はカレ

先日、福岡の土木工事業の社長が墓石の不法投棄で逮捕されたというニュースがありました。 背景には増加する墓じまいによって墓石の処分が問題になってきているということがあるようです。 このような問題は今後も増えるという指摘もあります。   墓をめ

亡くなった時にいただく戒名。本来は生前に授かるべきものだとされていますが、実際は亡くなってお寺に戒名料を納めていただくものと認識している方が多いのではないでしょうか。檀家制度が限界にきている現状、今時の戒名事情はどうなっているのでしょうか?  

会社情報

電話番号

093-293-1137

所在地

811-4321
福岡県遠賀郡遠賀町虫生津1746-1
(遠賀霊園入口)

JR鹿児島本線 遠賀川駅より車で約10分


© 2019 All rights reserved.