MENU

お墓の住民票

2018年4月18日

昨日の(2018年4月17日)神奈川県横須賀市が自分が入る墓の住所地を生前に登録する事業を始めるというニュースがありました。
神奈川市民の「就活」を支援するためのものだそうです。

これは「お墓の住民票」ともいえる取り組みだそうで全国初ということです。

お墓があるのにわからないまま無縁仏として納骨されることを防ぐためのもので、生前に遺言書の保管場所や葬儀の生前契約先、緊急連絡先なども登録できるそうです。本人が亡くなった後に葬儀関係者や墓参りを希望する人が市に問合せることができ、遺言書の保管場所などは指定された人のみに伝えられる仕組みということです。
背景には、近年、孤独死や遺体の引き取り手のないケースが増加しており無縁納骨堂に安置される遺骨が増えていることがあるようです。

インタビューでは身寄りのない男性の方がこの事業によって死後の心配がなくなってほっとしている離されていました。

少子高齢化が進み今後はこのような取り組みを行う自治体も増えてくるかもしれません。

 

この記事の関連記事

ここ数日、オウム真理教の松本元死刑囚の遺骨について、松本元死刑囚の四女が粉上にして太平洋にまく意向を示し、国に支援を求めているというニュースが報道されています。散骨とはどういうものか考えてみたいと思います。   散骨とは 散骨とは遺骨を細かく

以前の記事でも紹介しましたが、女性専用の墓を望む方が増えてきているようです。   就活とお墓   夫とは別のお墓がいい 家族の形が多様化した現在では、お墓のタイプも昔からのお墓ではなく、納骨堂や樹木荘、散骨などといったも一般的になってきま

お葉が遠方にあり、お墓の管理が大変だったりして気になっている方はいませんか?ご実家をでて生活の拠点がお墓から離れてしまっている場合、お墓の管理をするのはなかなか大変です。しかし、墓じまいや移転をしようと思っても遠方なのでなかなか実行にうつせないとい


最新記事

アーカイブ

2019

対応エリア
お墓の悩み相談受付中
墓誌彫刻
霊園について
スタッフブログ

新着ブログ

亡くなった時にいただく戒名。本来は生前に授かるべきものだとされていますが、実際は亡くなってお寺に戒名料を納めていただくものと認識している方が多いのではないでしょうか。檀家制度が限界にきている現状、今時の戒名事情はどうなっているのでしょうか?  

全国的に墓じまいが行われるようになってきていますが、福岡、九州のお墓の事情はどうなっているのでしょうか?都市部とそれ以外の地域では大きな差があるようですが、少子高齢化ということはどこの地区でも問題になっています。現状を把握し墓じまいについて考えてみ

2019年3月9日の日経新聞によると墓を整理する「墓じまい」する人が増えているということです。業者への墓じまい依頼の相談件数も急増しており、仏壇の引取りなどの依頼も増えているそうです。   お墓のしがらみ? 記事によると墓じまいを決断し、墓を

会社情報

電話番号

093-293-1137

所在地

811-4321
福岡県遠賀郡遠賀町虫生津1746-1
(遠賀霊園入口)

JR鹿児島本線 遠賀川駅より車で約10分


© 2019 All rights reserved.