MENU

ガイアの夜明け「後悔しない供養」

2018年2月7日

2018年2月8日放送のテレビ東京「ガイアの夜明け」のタイトルは「後悔しない供養」でした。

 

東京都内ではお墓の平均的な金額が200万円ぐらいとなっており、お墓の購入について悩む方が多くなっているそうです。

これまでのお墓のイメージとは異なった弔い方も増えていて、遺骨を宇宙へ打ち上げて散骨する「宇宙葬」といった珍しい方法もでてきており、さまざまな供養の形が選べるようになってきています。

 

中でも番組では残された遺族が供養の方法を後悔していることが多いことをあげ、現在の供養の形を紹介していました。

 

浄土真宗の僧侶である新田さんはお寺を都心のマンションの一室に構え、供養に悩む都会の方々のためにいろいろな相談に乗っていました。

ある方は、大好きな父親のためにお墓を建てたいもののお墓が高くて買えず悩んでいました。

 

その方に新田さんが提案したのが合葬だけではなく遺骨を手元に置くことができるというものでした。

その際に新田さんが見せたのがお墓の見本市で手に入れた小さな墓と骨壷。

結局、その方は父親の一周忌にあわせて合葬の墓に納骨し、遺骨の一部を家族がそれぞれ持ち帰りました。

遺骨は骨壺に入れられ自宅の仏壇におかれ小さな墓としたということでした。

「この骨壺をおくだけで父親がいつもいるような気がする」という娘さんの言葉が印象的でした。

また自分なりの供養をずっと探していたがなっとくのいく供養ができて良かったとも言っていました。

 

この方が言われるように、供養とは亡くなった方だけでなく残された遺族が本当に納得し、後悔しない方法で行うことがとても重要であると感じました。

 

昔とは違っていろいろな供養の形が選べる時代となりました。

後悔しない供養をするためにいろいろな情報を知っておくことはこれから大切かもしれませんね。

 

 

 jyosei.jpg

この記事の関連記事

昨日の(2018年4月17日)神奈川県横須賀市が自分が入る墓の住所地を生前に登録する事業を始めるというニュースがありました。神奈川市民の「就活」を支援するためのものだそうです。 これは「お墓の住民票」ともいえる取り組みだそうで全国初ということです

以前の記事でも紹介しましたが、女性専用の墓を望む方が増えてきているようです。   就活とお墓   夫とは別のお墓がいい 家族の形が多様化した現在では、お墓のタイプも昔からのお墓ではなく、納骨堂や樹木荘、散骨などといったも一般的になってきま

終活ブームの影響もあってか生前にお墓を建てる(生前墓)方が多くなってきているそうです。その理由はさまざまで残った人達に迷惑をかけたくない、自分の好きな場所で眠りたい、自分らしいお墓で眠りたいなどが挙げられています。生前にお墓を建てることについて考え


最新記事

アーカイブ

2019

対応エリア
お墓の悩み相談受付中
墓誌彫刻
霊園について
スタッフブログ

新着ブログ

全国的に墓じまいが行われるようになってきていますが、福岡、九州のお墓の事情はどうなっているのでしょうか?都市部とそれ以外の地域では大きな差があるようですが、少子高齢化ということはどこの地区でも問題になっています。現状を把握し墓じまいについて考えてみ

2019年3月9日の日経新聞によると墓を整理する「墓じまい」する人が増えているということです。業者への墓じまい依頼の相談件数も急増しており、仏壇の引取りなどの依頼も増えているそうです。   お墓のしがらみ? 記事によると墓じまいを決断し、墓を

渋滞解消や事故防止のための整備として福岡方面の国道3号線の今古賀立体交差点工事が終了しました。 北九州方面からお越しの方は3号線を使ってよりスムーズに須賀石材までおいでいただけるようになりました。 詳しくはアクセスをご覧ください。   アク

会社情報

電話番号

093-293-1137

所在地

811-4321
福岡県遠賀郡遠賀町虫生津1746-1
(遠賀霊園入口)

JR鹿児島本線 遠賀川駅より車で約10分


© 2019 All rights reserved.