MENU

共同墓地が増えています

2019年2月12日

少子高齢化や結婚をしなかったため子どもがいないため跡継ぎがいないなどというケースが増えてきつつある現代、お墓についての考え方も変わってきています。先祖代々のお墓を守っていく子孫がいない場合は共同墓地を利用するという方も増えてきているようです。

 

共同墓地とは

共同墓地とは複数の人が同じ場所に納骨することです。かつても共同墓地と呼ばれていたものはありますが、最近のものはまた別です。以前の共同墓地はその地域で自然にできたものや地域の人たちで共同で管理し一般に販売されることはありませでした。
最近の共同墓地は、供養塔などの内部に遺骨を納める合祀型のお墓のことをいいます。お墓の管理ができなかったり、お墓を守る人がいない場合でも僧侶や墓地の管理者が永代供養を行うことになります。
そういう意味では昔ながらの共同墓地とは違うということになります。
このような共同墓地は、一般的なお墓と同じように大きく「公営」「民営」「寺院」の管理するものにわけらけます。

 

共同墓地のメリット

共同墓地のメリットとしてあげられる主なものとして、「費用を抑えられる」「管理や供養の心配がない」「多くの方が合祀されているので寂しくない」などがあげられます。
費用を抑えられるのは墓石を個人で購入する必要がないためですが、そのため大抵の場合は最後には他の遺骨とまとめて埋葬されることになるでしょうから後から遺骨を取り出すのは難しいということは頭にいれておいたほうがいいでしょう。
管理や供養の必要がないということはお墓の後継者がいない方にとっては安心な点ではないでしょうか。
また、多くの方が合祀されていて寂しくないというのは「死後の安心」という点で生前の生き方にも影響を与えることです。必ずしも血縁でお墓に入らなければならないという考え方は変化しつつあるようです。

 

これからのお墓のかたち

従来の子孫が守り、代々受け継いでいくお墓の形は、核家族化などを背景に変わってきているといえます。また子供がいても迷惑をかけたくないという考えの親も増えてきています。無縁墓が問題になっている時代、自分らしいお墓のひとつとして共同墓を選択する人が増えてきているということでしょう。もちろん従来のお墓を守っていくことも大事ですが自分のお墓のことは自分で決めたいというニーズが高まってきてるということがいえるようです。

 

お問合せはこちら

この記事の関連記事

お墓の移転にかかる費用では実際に作業を行う石材店などの業者には見積もりを出してもらい把握することはできますが、お布施についてはなかなか相場がわからないということがあります。お布施はだいたいどれくらいを考えておけばよいのでしょうか?   お墓の移

亡くなった時にいただく戒名。本来は生前に授かるべきものだとされていますが、実際は亡くなってお寺に戒名料を納めていただくものと認識している方が多いのではないでしょうか。檀家制度が限界にきている現状、今時の戒名事情はどうなっているのでしょうか?  

墓じまいをしようと思っても、実際に行うとなると手続きが必要だったり、お寺や親せきなどとのトラブル、流れがわからないなど不安なことが多いのではないでしょうか。やはり信用のある業者に相談してまかせるのが、墓じまいにおいては一番良いでしょう。しかし、どの


最新記事

アーカイブ

2019

対応エリア
お墓の悩み相談受付中
墓誌彫刻
霊園について
スタッフブログ

新着ブログ

先日、福岡の土木工事業の社長が墓石の不法投棄で逮捕されたというニュースがありました。 背景には増加する墓じまいによって墓石の処分が問題になってきているということがあるようです。 このような問題は今後も増えるという指摘もあります。   墓をめ

亡くなった時にいただく戒名。本来は生前に授かるべきものだとされていますが、実際は亡くなってお寺に戒名料を納めていただくものと認識している方が多いのではないでしょうか。檀家制度が限界にきている現状、今時の戒名事情はどうなっているのでしょうか?  

全国的に墓じまいが行われるようになってきていますが、福岡、九州のお墓の事情はどうなっているのでしょうか?都市部とそれ以外の地域では大きな差があるようですが、少子高齢化ということはどこの地区でも問題になっています。現状を把握し墓じまいについて考えてみ

会社情報

電話番号

093-293-1137

所在地

811-4321
福岡県遠賀郡遠賀町虫生津1746-1
(遠賀霊園入口)

JR鹿児島本線 遠賀川駅より車で約10分


© 2019 All rights reserved.