MENU

お墓の目地修理

2017年5月23日

須賀石材では、春のお彼岸以降お墓の目地修理の依頼が増えています。

お墓参りに来られた際に、目地の劣化に気づか修理を依頼されているようです。

 

目地が劣化するとそこから中に水やほこりが入り石材にもダメージがあったしますし、

耐震面からも早めに修理されておくことをお勧めします。

 

また、一昔前では目地には主にセメントなどを使っていましたが、現在は樹脂系コーキング材を使っています。

この樹脂系コーキング材は伸縮性がありますので、目地割れがしにくくなっています。

セメントなどの目地に比べて耐久性も高いのも特徴です。

 

みなさんのお墓の目地は大丈夫でしょうか?

もし不安な点がありましたらお気軽にお問合せください。

 

 

気がつきにくい部分ですが、建立から年数がたったお墓は目地の部分が傷んできています。(Before)

目地部分を洗浄コーキングしてきれいになりました。(After)

 

 

 

 meji.png

お問合せはこちら

この記事の関連記事

昨日の(2018年4月17日)神奈川県横須賀市が自分が入る墓の住所地を生前に登録する事業を始めるというニュースがありました。神奈川市民の「就活」を支援するためのものだそうです。 これは「お墓の住民票」ともいえる取り組みだそうで全国初ということです

12月になり大掃除の季節ですが、今年はお墓のお掃除もしてみませんか? お墓のお掃除の時期にきまりはありませんが、年末の忙しい時期よりも余裕のある時にやっておくと良いかもしれません。   まずはお墓の周りのごみや草を拾い、枯れた花や線香の燃えカ

あなたの家のお墓でお悩みはありませんか?お墓も家などと一緒で建ててから5、10年たつと次第に劣化していきます。お墓の修理も早めに対処にしておくと費用や時間も少なくてすみます。状態が悪くなると代々継承するお子様やお孫様も困るかもしれません。良い状態を保ってご…


最新記事

アーカイブ

2018

対応エリア
お墓の悩み相談受付中
墓誌彫刻
霊園について
スタッフブログ

新着ブログ

少子高齢化や結婚をしなかったため子どもがいないため跡継ぎがいないなどというケースが増えてきつつある現代、お墓についての考え方も変わってきています。先祖代々のお墓を守っていく子孫がいない場合は共同墓地を利用するという方も増えてきているようです。  

終活ブームの影響もあってか生前にお墓を建てる(生前墓)方が多くなってきているそうです。その理由はさまざまで残った人達に迷惑をかけたくない、自分の好きな場所で眠りたい、自分らしいお墓で眠りたいなどが挙げられています。生前にお墓を建てることについて考え

お墓を移したいけど、先祖のバチが当たるのではないか・・・と心配しする方がいませんか。 もしそのような考えで墓じまいやお墓の移転をためらっている方がいらっしゃいましたら、きちんと供養して移せば問題はありませんので安心してください。 きちんと供養して移せば…

会社情報

電話番号

093-293-1137

所在地

811-4321
福岡県遠賀郡遠賀町虫生津1746-1
(遠賀霊園入口)

JR鹿児島本線 遠賀川駅より車で約10分


© 2019 All rights reserved.