MENU

お墓の目地修理

2017年5月23日

須賀石材では、春のお彼岸以降お墓の目地修理の依頼が増えています。

お墓参りに来られた際に、目地の劣化に気づか修理を依頼されているようです。

 

目地が劣化するとそこから中に水やほこりが入り石材にもダメージがあったしますし、

耐震面からも早めに修理されておくことをお勧めします。

 

また、一昔前では目地には主にセメントなどを使っていましたが、現在は樹脂系コーキング材を使っています。

この樹脂系コーキング材は伸縮性がありますので、目地割れがしにくくなっています。

セメントなどの目地に比べて耐久性も高いのも特徴です。

 

みなさんのお墓の目地は大丈夫でしょうか?

もし不安な点がありましたらお気軽にお問合せください。

 

 

気がつきにくい部分ですが、建立から年数がたったお墓は目地の部分が傷んできています。(Before)

目地部分を洗浄コーキングしてきれいになりました。(After)

 

 

 

 meji.png

お問合せはこちら

この記事の関連記事

2019年3月9日の日経新聞によると墓を整理する「墓じまい」する人が増えているということです。業者への墓じまい依頼の相談件数も急増しており、仏壇の引取りなどの依頼も増えているそうです。   お墓のしがらみ? 記事によると墓じまいを決断し、墓を

全国的に墓じまいが行われるようになってきていますが、福岡、九州のお墓の事情はどうなっているのでしょうか?都市部とそれ以外の地域では大きな差があるようですが、少子高齢化ということはどこの地区でも問題になっています。現状を把握し墓じまいについて考えてみ

昨日の(2018年4月17日)神奈川県横須賀市が自分が入る墓の住所地を生前に登録する事業を始めるというニュースがありました。神奈川市民の「就活」を支援するためのものだそうです。 これは「お墓の住民票」ともいえる取り組みだそうで全国初ということです


最新記事

アーカイブ

2019

対応エリア
お墓の悩み相談受付中
墓誌彫刻
霊園について
スタッフブログ

新着ブログ

全国的に墓じまいが行われるようになってきていますが、福岡、九州のお墓の事情はどうなっているのでしょうか?都市部とそれ以外の地域では大きな差があるようですが、少子高齢化ということはどこの地区でも問題になっています。現状を把握し墓じまいについて考えてみ

2019年3月9日の日経新聞によると墓を整理する「墓じまい」する人が増えているということです。業者への墓じまい依頼の相談件数も急増しており、仏壇の引取りなどの依頼も増えているそうです。   お墓のしがらみ? 記事によると墓じまいを決断し、墓を

渋滞解消や事故防止のための整備として福岡方面の国道3号線の今古賀立体交差点工事が終了しました。 北九州方面からお越しの方は3号線を使ってよりスムーズに須賀石材までおいでいただけるようになりました。 詳しくはアクセスをご覧ください。   アク

会社情報

電話番号

093-293-1137

所在地

811-4321
福岡県遠賀郡遠賀町虫生津1746-1
(遠賀霊園入口)

JR鹿児島本線 遠賀川駅より車で約10分


© 2019 All rights reserved.