MENU

お墓に名前を入れる時期は

2018年2月19日

 

ご家族がお亡くなりになってからお墓に名前(戒名)を彫るタイミングはいつ頃なのかご存知でしょうか?

すでにお墓がある場合、お墓に名前を彫る(墓誌彫刻)ことを意外に意識していないかもしれません。

 

お墓に名前(戒名)を彫る時期について

それぞれの家に事情により一概にこれが正しいというわけではありませんが、お墓がある場合は、一般的に納骨式までには済ませておいたほうが良いでしょう。
四十九日の法要後に親戚が集まった後に納骨式を行うことが多いですので、それまでに石材店に依頼し間に合うように戒名を彫ってもらうよう依頼しておきます。

当店では施工期間とし約2週間ほどいただいておりますが、古いお墓になりますと彫刻する部分がなくなっている場合がございます。その際は新たに墓誌を建てるなどの対応が必要になりますので余裕をもって相談したほうがいいでしょう。

新しくお墓を建てる場合は、四十九日の法要までに納骨することが難しいこともあるかもしれません。

墓地を選んでお墓を建てることはとても重要なことなので慎重に選んでください。それでも一周忌前を目安にするとよいのではないでしょうか。その際に一緒に墓誌を建てて名前(戒名)を彫ってもらうようにしましょう。

 

墓誌彫刻についてはこちらに詳しくご紹介しております。

 

墓誌彫刻について

 

実際、必ずしも墓誌に彫刻しなければならないということはありませんが、名前(戒名)を入れていないと後々誰がお墓に入っているかわからなくなります。改葬の必要がある場合もあるかしれませんので墓誌彫刻はできるだけしておくことをお勧めします。

 

お墓に名前を彫る際の費用について

お墓に名前を入れる際に気になるのが費用ですが、一般的な相場として2~6万円程度とされているようです。墓誌の大きさや、墓地の場所、彫刻する文字数により金額が変わります。これまでの実績から須賀石材での墓誌彫刻料(1名)は平均して3~5万円程度となっておりますが、あくまで目安としてお考え下さい。

詳しくは以下をご覧ください。

 

墓誌彫刻費用について

お墓の名入れお問合せはこちら

この記事の関連記事

全国的に墓じまいが行われるようになってきていますが、福岡、九州のお墓の事情はどうなっているのでしょうか?都市部とそれ以外の地域では大きな差があるようですが、少子高齢化ということはどこの地区でも問題になっています。現状を把握し墓じまいについて考えてみ

先日、福岡の土木工事業の社長が墓石の不法投棄で逮捕されたというニュースがありました。 背景には増加する墓じまいによって墓石の処分が問題になってきているということがあるようです。 このような問題は今後も増えるという指摘もあります。   墓をめ

お墓を移転をしようと決めたものの、実際いつ行ったらよいのかタイミングがわからないという方も多いのではないでしょうか?移転したいけれどそれに伴う手間や費用などを考えるとなかなか行動に移せない・・・という方も多いと思います。しかし、実際に移転を終えた方


最新記事

アーカイブ

2019

対応エリア
お墓の悩み相談受付中
墓誌彫刻
霊園について
スタッフブログ

新着ブログ

先日、福岡の土木工事業の社長が墓石の不法投棄で逮捕されたというニュースがありました。 背景には増加する墓じまいによって墓石の処分が問題になってきているということがあるようです。 このような問題は今後も増えるという指摘もあります。   墓をめ

亡くなった時にいただく戒名。本来は生前に授かるべきものだとされていますが、実際は亡くなってお寺に戒名料を納めていただくものと認識している方が多いのではないでしょうか。檀家制度が限界にきている現状、今時の戒名事情はどうなっているのでしょうか?  

全国的に墓じまいが行われるようになってきていますが、福岡、九州のお墓の事情はどうなっているのでしょうか?都市部とそれ以外の地域では大きな差があるようですが、少子高齢化ということはどこの地区でも問題になっています。現状を把握し墓じまいについて考えてみ

会社情報

電話番号

093-293-1137

所在地

811-4321
福岡県遠賀郡遠賀町虫生津1746-1
(遠賀霊園入口)

JR鹿児島本線 遠賀川駅より車で約10分


© 2019 All rights reserved.