MENU

お墓の解体・移転<事例集>

お墓の移転する場合、もとのお墓を解体して新しい場所へ移動する場合や、新しく建立する場合などいろいろなパターンがあります。それぞれのケースでどのような方法をとるのが一番良いのか須賀石材からもご提案させていただきます。以下の事例も参考にされてください。

S.U様 お墓の解体・移転

お墓の解体・移転事例集

 

年齢を重ねるごとに、険しい山道を登ってのお墓参りが難しくなり、跡取りの方もおらず、今後どうすればいいのか悩んでおられました。

 

お墓の解体・移転事例集

 

そのため、現在のお墓の解体、移転工事をご決断されました。

 

お墓の解体・移転事例集

 

ご先祖のお骨は嘉麻郷霊園に改葬し、「永代供養」致しました。

 

 

 

K様 お墓の移転

お墓の解体・移転事例集

移転前の霊園は遠方であったため、ご自宅近くの霊園に移転されることになりました。

移転先にはご親戚のお墓もあり、同時にお参りできて都合も良くなったとのお喜びの声をいただきました。

F様 お墓の移転

お墓の解体・移転事例集

 

現在福岡にお住まいのF様。故郷の宮崎にお墓があったためお墓参りは遠距離で大変でした。

そこで、宮崎から現在お住いの福岡へお墓を移転されました。詳しくはこちらから。

H.O様 お墓の移転

お墓の解体・移転事例集

 

従来の霊園は遠方であったため、ご自宅近くの菩提寺に移転されることになりました。

お墓の解体・移転事例集

 

移転先の敷地の都合上、規模を縮小して石塔のみを移転。納骨室は新規作製致しました。

F様 墓じまい

お墓の解体・移転事例集

 

F様は現在のお住まいから遠く離れた山奥に古い先祖の墓がありました。約20基全て江戸時代の墓です。今後どのように管理していくか、ご親族間でここ数年充分に協議を重ねてこられ墓じまいをされることとなりました。

詳しくはこちらから。


対応エリア
お墓の悩み相談受付中
墓誌彫刻
霊園について
スタッフブログ

新着ブログ

緊急事態宣言は解除されたものの、再び感染が広がりつつある現状で今後もコロナを意識した生活は続くと思います。 その中でのお葬式の形も少し変わりつつあるようです。Witnコロナでのお葬式について考えてみたいと思います。     喪主や参列者

お墓が遠方にあってなかなかお墓参りにいけない、高齢などで足腰に不安があるためお墓参りにいけない、また、今年は新型コロナウイルスの影響で規制ができずお墓参りにいけないなどでお墓にお参りにいけない方も増えているのではないでしょうか。最近メディアなどでも

新型コロナウイルスの影響で不要不急の外出を控えるということで、ゴールデンウィークの帰省も控えるようにということでした。今年のゴールデンウィークは自宅で過ごした方が多いと思います。そのため毎年帰省の際にお墓に参っていたのに今年は行けなかったという方も

会社情報

電話番号

093-293-1137

所在地

811-4321
福岡県遠賀郡遠賀町虫生津1746-1
(遠賀霊園入口)

JR鹿児島本線 遠賀川駅より車で約10分


© 2020 All rights reserved.